自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙は何でできているか 村山斉
やべえ、宇宙やべえ。


自分が子どものころはこの世の中の物質は原子と分子でできていると習いました(はず?)。


ところが、すべての物質を足してもこの宇宙の質量の4%にしかならない。残り96%は何なんだろう。


答えは暗黒物質と暗黒エネルギー。といってもその存在が明らかになっているわけではなく、そういったものがあれば説明がつきます、というだけのお話。


物質をつくる最小の単位は今は素粒子ということになっています。この宇宙を理解するためには逆に素粒子を理解しなくてはならない。逆に宇宙の事象を調べることで素粒子が理解できる。


また面白かったのは右と左。この違いを自然界で区別するものがある。なぜ我々が右利きが多いのか理由があったのだ!


この新書は久々に感動しました。





1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

カラー図解でわかるブラックホール宇宙
自分は子供のころから宇宙に関心がありました。ただ学生時代は物理の難解さに早々と脱落し、文系の道を歩んだこともあって関心はあってもとても遠い存在でした。

でも最近量子力学の世界に関心が強くなってきて、もう一度この分野にチャレンジしようかなと思ってます。

そんなこんなで軽い気持ちで手に取ったこの一冊。小飼弾さんのおすすめでもあります。
>>続きを読む

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。