自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多読術 松岡正剛
今週は火曜日から東京出張でした。今日帰ってきましたが、もう少し遅かったら台風で帰られなかったかもしれませんね。

さて、せっかく東京に行くんですから何かしたい…。

と、思っていてもそこは読書人。やはりここに行かずにはいられませんでした。読書の達人である松岡正剛さんがプロデュースする松丸本舗。前から行きたいと思ってましたが、なかなか都合がつかず、1周年たってから始めて足を踏み入れました。

本、本、本。

陳列の仕方も工夫されていますが、とにかくボリュームがすごい。こんだけの本に囲まれて生活できたらどんなに幸せなことか…。天井まで眺め過ぎて危うくころびかけました。あー恥ずかしかった…。

意図がわからなかった陳列として、村上春樹とマキャベリとドストエフスキーが一緒に陳列されていたんですが、これはなんででしょう。なんとなくわかるようでわからない。どういう意図があるのか聞きたかったけど、聞く勇気がありませんでした。誰か教えてください。

そんな松岡氏の本の読み方が語られている新書が出てますがそれを読んでから松丸本舗に行かれると面白いと思います。





1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。