自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生が変わる哲学の教室 小川仁志
帯には「面白くってためになる」と書かれてありましたが、ほんとにその通りの良書でした。

哲学と聞くとどうしても構えてしまいたくなります。僕自身もそうです。この本ではそれぞれの哲学者の先生たちの主張のエッセンスがつまっています。

倫理は高校の授業で習いましたが、あまりいい生徒ではなかったです。ヘーゲルの顔に落書きしてたくらいしか記憶に残っていません(汗)。

生きること、悩み、自分と他人、仕事、理性、欲望、恋愛、幸せ、権力、自由、人生。

様々なテーマが語られています。ひとつでも気になるところがあったらぜひ読んでみてください。


アラン先生の授業では、不幸になることはやさしいこと、ただじっと座っていればいい。幸福になることは周囲に対する義務でもある。周囲にいい影響を与えることを考えよ。胸に突き刺さります。





1→よろしければクリックお願いします。



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。