自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験勉強の技術 柴田孝之
ちょっと最近とある資格に興味が出始め、それを取ろうかと思っています。ちょうど今月に試験があるので、来年に向けて学習を始めようかと。今までも勉強法の本は読んできましたが、今回のはなかなか骨太な一冊。

目次

第1部 これからの勉強法
第1章 試験勉強法とは何か
【1】 試験勉強法は本当に役立っているか
【2】 試験勉強の本体を把握しよう
【3】 試験勉強のブログラムとは何か
第2章 あなたは何をどう勉強すべきか
【4】 プロ意識を持って勉強しよう
【5】 あなたの勉強に「大型資格」を勧める理由
【6】 資格は結果がわかりやすい
【7】 試験勉強は大人に有利な点が多い
【8】 仕事が速い人は勉強も速い
【9】 余計な仕事が嫌いな人が合格する
【10】 今からこそ勉強する価値がある
第3章 試験勉強の方法
【11】 試験勉強の秘密
【12】 もうできることは勉強しない
【13】 勉強は週24時間が限度と心得よう
【14】 初学者はノートを作るな
【15】 苦労していることに快感を覚えるな
【16】 冷静さと情熱を持って勉強せよ
【17】 勉強には精神論も方法論も必要だ
【18】 1冊の本にこだわり過ぎない
第4章 時間の作り方
【19】 できるものからやる
【20】 週単位でスケジュールを立てよう
【21】 時間を計れ
【22】 いつも教材を持ち歩け
【23】 勉強でパソコンを使おう
【24】 速読法は試験直前に生きてくる

第2部 試験勉強の技術
第5章 合格するための3つの力
【25】 学生時代の勉強法は間違いだらけだ
【26】 暗記だけが勉強ではない
【27】 理解だけが勉強でもない
【28】 暗記力と理解力のほかに、「解答力」も身につけろ
第6章 知識の習得~暗記の技術
【29】 語呂合わせはグループを覚えるときに使え
【30】 暗記は早めに始めよう
【31】 何度やっても忘れるのは当たり前
【32】 早く暗記をするには、覚える量を減らせ
【33】 まずテクニカルタームを暗記せよ
【34】 問題を解きながら知識を覚えよう
第7章 知識の習得~理解の技術
【35】 理解するとは、どういうことだろう?
【36】 知識と知識の間の関連性を見つけろ
【37】 知識があればあるほど理解力がつく
【38】 対象をパーツに分解しろ
【39】 知識が増えないと理解できないこともある
【40】 順番通りにこだわるな
【41】 理解したければ手を動かせ
第8章 試験解答の技術~解答力養成法
【42】 問題集を「読書」しろ
【43】 答え合わせは必ずせよ
【44】 解けない問題だけを時間を計って解け
【45】 答え合わせ→解法のシミュレーションをせよ
【46】 早く過去問が解けるように勉強しよう
【47】 参考書は最初に読むな
【48】 何があっても動じない力をつけろ
【49】 模擬試験は何度も受けろ
【50】 スクールのクセに慣れるな
【51】 近似値で考えろ
【52】 選択肢からヒントを探せ
【53】 満点を目指すな
【54】 時間配分の方法
【55】 合格発表までは何か勉強を続けておけ

いやーこれでも半分ちょいです。全部で91個のテクニックが紹介されてますから。第3部はスクールのお話なので割愛させていただきます。

ただ、この本に書いてあることはぼくには「わかっている」ことです。

そして、最も大切なことは勉強法を身につけても試験には受からない。「効率的に勉強してもそもそもの勉強量が少なければだめだ。」これこそが真実だと思います。





1→よろしければクリックお願いします。



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。