自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になるニュースを知るためにこの本を読もう~「為替介入」
ランキングと合わせて、ちょっとやってみたくなったのが、最近のニュースを知るためにはどんな本を読むべきか、というこれも自分のための備忘録です。

さて第1回目は「為替介入」です。

今回の介入はサプライズだったということも言えるので、これまでのところ成功しているように思えます。ですが、日本単独の介入であることから効果の持続性には疑問符が付いています。

また、「非不胎化介入」ということも折に触れて言われていますが、通常為替介入をやるときには介入資金を財務省が調達するときに為券と呼ばれる短期証券を発行します。そしてそのままだと通貨量が増えてしまうので日銀が国債の売りオペすることで市中から通貨を吸収します。このことを「不胎化介入」と呼び、それはインフレを防ぐために行われます。今回の「非不胎化介入」はこの日銀買いオペをやらないことで市中にマネーをそのままにして通貨量を増やすわけです。

ただし日銀の白川総裁はその著書で「不胎化か非不胎化かという議論には意味がない」としており、その効果を疑問視しています。どちらかというと外国人投資家に対するリップサービスの面が強いようです。

しかし個人的に今回の対応はデフレへの対応、景気対策に非常に効果があると思っています。そのことを主張されているのは小泉政権時に竹中大臣の理論構築に一躍買っていた高橋洋一氏です。

高橋氏の著作にもそのことは書かれています。





一方、不胎化か非不胎化かの議論に意味がないと主張されている白川総裁の本。



こちらは高いです。だれか新書で説明して…。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。