自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になるニュースを知るためにこの本を読もう~「尖閣諸島」
中国漁船船長が解放され、一夜が明けました。船長は中国では英雄です。おまけに自分は何も悪いことはしていないと主張。そして、中国政府は日本に対して「謝罪と賠償」を要求してきました。

それに対して外務省は「中国側の主張には何ら根拠が無く、尖閣諸島も日本固有の領土」とはっきりコメントしました。またアメリカも尖閣諸島は日本領とコメントしたことで領土問題に関して進展があったとも言えます。

自分自身、今回の船長解放は早すぎると思いましたが、ただ元々尖閣諸島についての知識が全然ありません。そこでwikiを見てみましたが、中国の社会化教科書にも過去は日本領と記載されている経過もあり、資源目当てで自国領と主張していることは明らかです。

これ以上、管政権には弱腰にならないよう、特に「謝罪と賠償」などというバカげたことが起こらないよう切に祈ります。

南に限らず、北方領土や竹島の問題もあります。日本の領土問題にはきちんと関心を持っていくことは必要だと思いますので、以下の書籍を推奨いたします。







1→よろしければクリックお願いします。



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
どこまでも甘い日本政府
沖縄・尖閣諸島沖の日本領海内で起きた中国漁船衝突事件で、中国は「謝罪と賠償」を要求し、船長の釈放により、日中関係悪化が収拾に向かうと期待した菅政権は目算が狂った格好だ。(読売新聞)
2010/09/26(日) 09:28:57 | URL | 嘆くヒト #n6CqUTMo [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。