自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実践!多読術 成毛眞
元マイクロソフト日本法人代表の成毛さんの読書術に関する本です。

過去、同時に10冊読む読書術といった本も出されているので読書家にはおなじみの方ですが、今回の本では本を同時に読むだけではなく、どういった本を同時に読むべきかが書かれています。

特に経営者は自然科学の本を読むべし、というお話はとても納得できます。自分も経営に関する本をよく読みますが、それと科学に関する本は全然違うようで仮説検証の繰り返しであることは全く同じなので、やはり自分のやっていることは正しいのかなと思います。

ただそうした読み方よりも、正直言って、どんな本を読んでいるのか、というブックガイド的な役割の方が近作では強い。特に「コンテナ物語」はとても読みたい。それと消されたファラオ、ツタンカーメンの父親は水頭症だったという説があるそうで、水頭症って意識あるんだっけ?といろいろ疑問を持ったり。

幅広い考え方、見識を広めたい方はブックガイドとしても役に立つと思います。




1→よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。