自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gigazine 未来への暴言 山崎恵人
Gigazineというサイトはみなさん御存じと思います。この本は
Gigazine編集長の山崎氏が10周年を記念して出版したもので
す。

昔から出版依頼はたくさんあったそうですが、あえて本という
形式を選択せず、ネット上で発言していたそうです。

この本はインターネットだけではなく、未来の世界を描いてい
ます。以下、表紙より。

「というわけで、本日より10周年記念書籍が発売されます。
内容としてはまさにそのタイトルの通り、「未来への提言」
ならぬ「未来への暴言」とも呼べる内容になっており、
Gigazineというニュースサイトに10年間関わり続けている
からこそわかってきたこと、Gigazineという「窓」からのぞ
いた場合に見えてくる世界の形、今後どのような変化がネッ
トを中心にして巻き起こるのか、さらにその先にあるべき、
個人とネットと社会と世界の未来の姿とはどのようなものな
のか、そのあたりを重点的に書いてみたつもりです。」

引用終わり。

特にこれは!と思ったのは超少額決済を制した者が、未来
を制するという言葉はその通りと思う反面、この日本で
どこまでそれが普及するだろうか、という一抹の不安が
あったりもします。

ただ一つだけわかっていることは、インターネットのルール
こそが世界のルールになるということ。国境なんかそこには
ない、ということを常に念頭に置いて事業展開をしなくて
はならないでしょう。

大変ためになった本です。





1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。