自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカーペッタ 核心(上・下) パトリシア・コーンウェル 検屍官シリーズ アマゾンポイント有り
年末と言えば、パトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズ。
これを読むと1年も終わりだな、と僕は思います。

このシリーズはたぶん僕が高校生くらいからスタートして、
姉が買ったこの小説を貪るように読んでいた気がします。

姉も子育てが始まってからは読む余裕が無くなったということ
で自分で買うようになりました。

しかしスリリングな展開は相変わらずで読んでいると時間を
忘れます。今回は自宅マンションに届いた小包についての
描写が思わず手のひらに汗をかいてしまってました。

それにしてもこのシリーズ。いつまで続くんだろう。でも
終わるまで間違いなく買い続けるだろうシリーズであること
も違いありません。

今ならアマゾンポイントもついてオトクです!



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。