自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか 牧野知弘
最近、不動産業の会社の株が再び値上がりしてきています。昨年
最も値上がりした株はフージャースコーポレーションというマン
ションデベロッパーの会社でした。昔の新興不動産祭りのときを
知ってる方なら知る人ぞ知る会社ですよね。僕も一時期保有して
ました。


さて、タイトルにあるように町の不動産屋さんがなんでつぶれない
のかを教えてくれますが、要は情報なんですね。


1件の仲介手数料が何百万にもなるなら、年間で3~4件成約させれ
ば一年食えるわけです。そう簡単に行くかはわかりませんが。


自分も最近マンション投資や戸建投資を考えていて結構ネット上
での出物を見てますが、なんか年利回り14%とかあまりにも
話が出来過ぎていて逆に投資する気になれません。空室率や経費
が全く見込まれない状態での利回りなんて何も意味ありません。
それ信じて投資するわけにはいかないし。こんな状態だったら
J-REITで十分かなという気がしてしまいます。売りたい
時に売れるし。


不動産投資の入門書としてはお勧めですが、ワンルームマンション
の投資もあり、という意見なので必ず金森重樹さんの本も合わせて
読むことをお勧めします。


ま、何にせよ、資金調達さえできればこの世界は儲かるということ
がよくわかってきました。後は行動できるかどうかだけや。





1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。