自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事するのにオフィスはいらない 佐々木俊尚
昨日のキュレーションの時代に引き続き、佐々木氏の代表作とも
言えるこの新書。


ノマドワーキングとサブタイトルにありますが、ノマドとは「遊
牧民」を指す言葉だそうです。どこでも仕事ができるよという主
張をするにはいい言葉ですが、本書ではそうした仕事のスタイル
というよりも新たな労働の在り方が提示されていると思います。


最近、ダニエル・ピンクの「フリーエージェント社会の到来」や
橘玲氏の「貧乏はお金持ち」の文庫版を読んだりこうしたフリー
ランス化が進んでいくと考えられています。ジャック・アタリ氏
もそうした主張をされているんですね知らなかった。


ただ誰でもフリーエージェントになれるわけではない。アテン
ションを保てる人、要は自己を律することができるということ
が重要とありますが当たり前か。フリーランスになったら自分
がやらなかったら誰も助けてくれるわけではないからね。


具体的なノマドワークのやり方についても触れられているので
そちらに興味がある人もどうぞ。






1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。