自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部下を定時に帰す「仕事術」 佐々木常夫
先日もご紹介しましたが、東レで活躍された方の仕事術の本です。実際に読んでみましたので再度ご紹介します。
うつ病の妻と自閉症の息子のために毎日6時に退社しながら、社長に上り詰めた方の究極の仕事術とオビでは紹介されています。

急がば回れということわざもありますが、急いで仕事を始める前に最短で終わらせるためにはどうやっていけばいいのか、俯瞰図で考えようとか、やらない仕事を決める、誰にも邪魔されない時間を確保するといった内容が書かれています。

どこかで読んだっけな~という話も多かったですが、この方は現実に実践されてきているわけなので説得力が違います。

やはりこの本は読んで正解でした。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。