自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傷は絶対に消毒するな
本日は、新書の中でも最近勉強になった傷は絶対に消毒するな、です。

タイトルだけ見るととても挑戦的な印象を受けますが、著者の夏井睦氏は
医師として消毒とガーゼ治療を撲滅することを提唱しています。

ぼくは消毒と言えば、マキロンがまっ先に思い浮かびますが、消毒をする
ことは決していいことではないことが画像も含めて解説しています。

要するに傷を治す機能は生来人間には備わっており、その際に出る液は
有益なもので、消毒して乾燥させるという行為は逆に痛みを生じ、治りが
遅くなることが述べられています。

具体的には本書を読んでいただくとして、この本ではそうした医学的な
主張だけではなく、パラダイム(要は周囲がある事象について信じて疑わ
ない状況、例:天動説)についても解説されており、医療という観点から
だけではなく、日常にも役立つヒントが満載です。

また、新書なので半日もあれば十分読めるかと思います。おすすめです。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。