自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでも、日本人は「戦争」を選んだ 加藤陽子
さて、読むのに大変時間がかかってしまったこの本をやっとご紹介できます(苦笑)。著者は東大文学部教授加藤陽子氏。高校生を相手に近現代史を講義した内容をまとめたものがこの本です。
まず私自身の立ち位置を申し上げた方がよいと思いますが、私自身は現代に生まれた幸運を考慮せずに、「当時はひどいことをした」「謝罪しなければならない」という論調には非常に強い違和感を持ちます。そうしたことを主張する方々のほとんどは恐らく当時に生きていれば徹底抗戦を主張したことでしょう。そうした輩の話を素直に聞くことはほとんどできません。

自分としては歴史上最も艱難辛苦を味わったあの世代の方々を悪く言うことなどはとてもできません。当然非難されてしかるべき人たちもいるでしょうが、戦場で戦った方々には心から畏敬の念を持ちます。

以上が自分の立ち位置として記しておきますが、この本は単純な右、左で語れる本ではありません。当時の人たちはどう考えていたのか、その結果としてなぜ戦争という道を選択したのか、冷静に記述されています。

やはり最大の問題は現状認識の甘さ、に尽きると思います。自分たちの常識と世界の常識が異なっていたことを認識できなかったこと、それこそがあれだけの悲劇を生んだ原因と思います。

偉そうに一言で総括してしまいましたが、この本は日本人であれば絶対に読んでおくべき本と思います。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。