自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラー図解でわかるブラックホール宇宙
自分は子供のころから宇宙に関心がありました。ただ学生時代は物理の難解さに早々と脱落し、文系の道を歩んだこともあって関心はあってもとても遠い存在でした。

でも最近量子力学の世界に関心が強くなってきて、もう一度この分野にチャレンジしようかなと思ってます。

そんなこんなで軽い気持ちで手に取ったこの一冊。小飼弾さんのおすすめでもあります。
という軽い気持ちで買ってみましたが、正直これはギブアップです(泣)。

カラー図解もあるからわかりやすいかなーと思いましたが、物理脱落者にはとてもついていけませんでした。

ただブラックホールについて誤解していたこと(近づきすぎるとばらばらに分解されてしまうとかね)は解消しました。なるほどなるほど。

そして、昨年ハロゲン加速器で極めて小さいブラックホールが出現して地球を吸い込んでしまうという報道もありましたが、それは大変な誤解でそういったことは起こりえないということもよくわかりました。あのときのスポーツ新聞の記事はなんだったんだろうと思えます。

大変難しい内容です。でも・・・、とても興味深い本だと思います。




1→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。