自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレゼンテーションzen ガー・レイノルズ
至高の一冊です。
これまで読んだプレゼンスキル本とは全然違います。

自分もプレゼンの機会は多いので、パワーポイントを活用してたくさんのスライドを作ってきました。でも中には全然聴衆には響かないというのがじぶんでもわかるほどお粗末なプレゼンも多かった。

この本を読んでその理由がわかりました。聴衆の立場を考えていないということを。相手の聞きたいことよりも、自分が話したいことを優先していたこと。そしてPCの前に座ってうんうんうなっていることが仕事だと。

この本は「ZEN:禅」の本ではありません。最初にそう書いてあります。でも著者は日本で勤務した経験もあり、そのときの経験談も数多く記載されています。

それを読んで日本的な考え方もあながち悪くないんだ、ということを理解しました。


また、先日も述べたように今新しい人事制度の導入に奔走しています。そのときのプレゼンでは相手の聞きたいことにしぼって話をしたので、大方好評でありました。

プレゼンをする機会の多い方、はじめてプレゼンをする方も実際にスライドを作る前にこの本を読むべきと思います。



1→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。