自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渡邉美樹の超常思考勝つまで戦う ワタミ会長兼CEO渡邉美樹著
本日はワタミの渡邉会長の最近出た著作のうちの1冊です。

今年度の株主総会でついにワタミの社長から会長となりましたが、この本ではその辺の理由も語られています。
ご多聞にもれず私もワタミの渡邉美樹社長の著作はほぼ全て読んでいます。

何度仕事で落ち込んでいるときに渡邉社長の本を読んでやる気を回復させてきたことか。そういった意味でとても尊敬しています。

この本ではどちらかというと経営に関しての本というよりも今の経済状態、日本という国をこれからどうしていくか、そういったグランドデザインについて語られていると思います。

帯には
○今は逆境だと認識できる程度では本当の逆境ではない。
○物を求める以上に心を求めるのが人の本質
○自分のためを超え、自分以外の他人のために関心を持つ。
○この国の株主として経営に参加しよう。
○ワークライフ、仕事をするのは息をするのと同じ

これだけでもこれまでの渡邉会長の考えが凝縮されていると思います。内容は実際に本を読んでいただきたいと思います。

それで自分は今、所属している会社の人事制度改革を命じられて日々試行錯誤しているのですが、一人一人にキャリアプランを真剣に考えてもらうということをやりたいと思っていました。

本来そうしたことは自分で自発的に取り組むべきですが、なかなか日々の業務に没頭せざるを得ず、キャリアプランを具体的に持っている人はかなり少ないというのが現状です。

渡邉会長の考え方で「夢に日付を入れる」というのは本当に何度も語られてきたことですが、一人一人に自分の夢(この場合はキャリアプランなんですが)に日付を入れてもらう、言うのは簡単ですが「そんな面倒なこと、忙しくてできない」と言う人もいるだろうし、夢なんて言われても出てこない、という人もいると思います。

そんな中で本書では、「今、夢が無いなら、夢を見つける期限をつける」という言葉がありました。夢を具体化するのではなく、何を夢にするかを考える期限をつけようということです。

正直今の社員の人たちにいきなりキャリアプランを作ってくださいというのは難しいと思っていました。これはみんなを馬鹿にしているのではなく、普段そうしたことを意識づけしなくてもやってこれたので、習慣がないことを命令でやらせても、やらされ感が出るだけで逆効果になるだろうと考えていたからです。

しかし、個人的には自分自身の人生、キャリアをどう考えていくのか、ということを考えられない人には管理職もしくは経営者トップとして経営をやっていくことは難しいだろうと思うので、こうした習慣づけはやらなければならないと思っています。

この本を読んで、まず夢(キャリア・人生)をしっかり考えてもらうことから始め、その後からキャリアプランを作り、目標・期限を決める。そして結果を振り返る。

こうした訓練をしていくことでお互いにいい方向に向かうよう進めてみたいと思いました。

おそらく渡邉会長が意図したこととは全然違うことに注目してしまったと思いますが、これだけでも自分は本書を読んでよかったと思っています。

それと議員にはならないと渡邉社長は語っておられますが、ぜひ日本国大統領になっていただきたいな、と思います。そのときは全力で支援します。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。