自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの会社は部長がつぶす! 山田修
最初はありきたりな本だなと思いました。

帯の文句は「こんな会社が危ない」って。

でも、その次からが違う。

・ヒトモノカネがなくても儲ける。
・ホウレンソウはいらない。
・大企業から人は採用しない。

ほほー。普通のノウハウ本が言ってることと違いますね。

そして、もっとも違う点は…、この本のタイトルとも関係あります。
よく働く人。人を4つに分解すると、頭が良く働く人「将校」、頭が悪く働く人「軍曹」、頭がよく働かない人「参謀」、頭が悪く働かない人「兵隊」。

この中であなたはどの人を雇いたいですか?

もちろん「将校」だと思います。でも将校はなかなかいませんし、最初から将校の人はいません。

そうなると、「軍曹」か「参謀」を抜擢しなくてはなりません。筆者はその場合、「軍曹」ではなく、「参謀」から抜擢すべきと説いています。

これは良く働く人は他の模範ともなり人望もあるかもしれないが、経営者にとって最も重要な「判断力」が無ければ会社をつぶすことがありえる、ということのようです。

判断力が悪ければ、つまり方向性が間違っていれば、どんなに頑張ったとしても経営者が望む結果は出ません。ファールはどこまでいってもファールだということでしょう。

その他もろもろなかなか参考になりました。



1→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。