自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルリボシカミキリの青 福岡伸一
今日は「生物と非生物のあいだ」「世界は分けてもわからない」「動的平衡」を書いた福岡博士のエッセイ集をご紹介します。

それぞれの著書で生命の不思議を表現している福岡先生ですが、今回の作品では博士が子どもの頃には虫に魅せられていたこと。特にルリボシカミキリという大変きれいな虫を探していた話も収録されています。

ただ今回の本でぼくが一番おもしろかったのはあの卑弥呼の時代のお話。親和奴国之王と記されたあの金印が本当は贋作ではないか、ちょっと削らせてもらって年代測定をぜひしたいと語っていた章が非常に面白かったですね。生物とはちょっと違いますが。

生物の不可思議さを体験したい方はぜひ。



1→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。