自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「情報創造」の技術 三浦展
本日は三浦展さんの新作新書。

この本ではどうやってこれからの時代を予測していくか、その手法を明らかにしております。パワポ作りに没頭することは本末転倒。まずは仮説をたて、検証することが重要。

仮説を立てるにも情報を収集し、分析することが必要です。三浦さんはある講演の前に担当者から資料として3千枚!の資料を渡されたそうです。そんなん読めんがな。取捨選択することは絶対に必要ですよね。

他にも面白い話が…。
今の女性にどんな仕事に就きたいですか、という質問をしたところ、ありきたりな回答以外にラーメン屋の店長というのがあったそうです。そしてそう回答した人が全体の3%もいた。たかが3%されど3%です。100人中3人はラーメン屋の店長になりたい。そんなことは昔では考えられなかったでしょう。逆にOLと答えた人は全体の4割でした。これって多いようで少ないですよね。

時代の考え方が変化していること、こういったアンケートからでもそうした空気は感じられます。「空気は吸うだけではなく吐いてみろ」、吐くときに自分なりに工夫することが必要。

さっきの3千枚の話だけではありませんが、情報は集めるだけでは生かせません。そのことを忘れないようにしようと思います。




1→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。