自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まな板の上の鯉、正論を吐く 堀江貴文
先日、お話したように堀江元社長の本を2冊買ってましたので、もう1冊をご紹介します。

この本では、ビジネスについて、マネーについて、政治について、事件について、交遊術について、未来について一つ一つの質問に答えていくというスタイルの本です。
いくつか?と思うこともありますが、僕が面白いなあと思ったのは、こういうものがあります。

堀江元社長がソニーを経営するとしたらどうやってやりますか?

A.まずゲーム事業を止める。パソコンもテレビも家電もエレクトロニクスは全部止める。その代わりにデジタルコンテンツを早急に拡充する、金融もいい。

要約していますが、こんな内容です。もうまさにその通りと思います。選択と集中は必要です。そうした中ではソニーだけではなく、家電業界は再編は進んでいかなければならないと思います。トヨタについてもハイブリッドではなく、電池や電気自動車の会社を買収すべき、とおっしゃってます。

日本の自動車業界は今分水嶺に来ていると思われます。これから電気自動車メーカーは続々と出てくるでしょう。トヨタはテスラモーターズと提携しましたが、どうなるかはわかりません。電気自動車は全く構造が違うので、新規参入もしやすい。十分に注視していく必要があると思います。





1→よろしければクリックお願いします。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。