自分が読んだ本または読むつもりの本を私的にたんたんと記録していく日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COPPERION9巻 井上智徳
歌音・詩音姉妹が仲間になって良かった。あまりにも悲しい背景が
あるから…。


でも、また新しいコッペリオンが登場。今度はまたちょー協力な能
力があって、とてもかなわなそう。


それにしても、歌音押しの人っているんだろうか。おれだけか?






1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【最新刊はAmazon58pt】聖☆おにいさん 中村光
まだまだマンガにはまってます。


今まで手が伸びそうで伸びなかったのがこのマンガ。


実際に読んでみたら、あまりの脱力に脱帽。


長期休暇中のブッダとイエスが共同生活している日々を描いた
マンガなんだけど(もうそんな説明いらないか)、今日は4巻
まで読んだけど、4巻の100円ショップのくだりとネトゲを
始めるブッダさんとかかなりうける。


今後とも期待するマンガです。明日5巻と6巻買ってこよう。






1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

宇宙兄弟 小山宙哉 
モーニングで連載中の2009年このマンガが
すごいオトコ編第2位になった作品です。


このマンガのすごいところは、「名言」が多い、
ということだと思います。


どっちか迷ったときは、「どっちが楽しいかで
決めなさい」。


この言葉は、閉鎖環境試験でグループ5名の中
から、2名を自分たちで選抜しなければならな
いときに選抜方法で悩んだ主人公が自分の恩師
から言われた一言を思い出して、選抜方法を
ジャンケンにしたときの場面です。


ジャンケンという運だけに左右される選抜方法
は本来ありえないものです。でももはや甲乙つ
けがたいというとき、選ばれたいという思いも
変わらないのであれば、本来不利となる人たち
にもチャンスを与えるという意味では最良の選
択方法だとも言えます。


肩の力が抜ける場面も多いですが、かなり面白
いと思うので気になる方はチェックです。





1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

テルマエ・ロマエ
今日は昨年このマンガはすごいオトコ編第1位を獲得したテルマエロマエをご紹介します。

といっても知ってる人も多いと思いますが、このマンガは異色のマンガです。なんせお風呂マンガなんですから。

最初はお風呂マンガってどんなジャンルやねん、と思ってたけど、それ以外形容しようがないマンガ。ハドリアヌス帝の時代というローマが最も安定していた時代のお話であるのもいいと思います。もうちょっとしたら血なまぐさい時代だからね…。

このマンガでローマのことがもっと知られればいいと思う。ハドリアヌス帝の時代は旅をするのにパスポートも武器もいらないほどの安定した時代。ハドリアヌス帝自らが数十人のお供を連れるだけで辺境各地まで旅して属州防衛の指示を出していたのだから。それこそ現代のイギリス北方のスコットランドあたりまで。

トライアヌス帝が切り開き、ハドリアヌス帝が踏み固めたローマ帝国は、次のアントニヌス・ピウス帝の時代に(マンガで後継者とされているルキウス・アエリウス・カエサルもしくはケイオニウスはハドリアヌス帝が亡くなる前に病死します)最高の平和を享受します。何せ、アントニヌス・ピウスという皇帝が何をしたのかも記録にあまり残っていないくらいだから。そのくらい平和だった。だが綻びは出始めていた。そして、次の、五賢帝最後の皇帝、マルクス・アウレリウス、別名「哲人皇帝」もこのマンガに登場します。聡明な若者として。

ハドリアヌス帝がなぜケイオニウスの皇帝就任を祝って大浴場を作るのか、その意図を知るとハドリアヌス帝の器がわかろうともいうものです。

話がやたらそれましたが、このマンガを楽しむにはローマのことをもっと知ってもらいたいな、と思います。




1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

進撃の巨人 
このマンガがすごい2011オトコ編第1位ということで買ってみました。

前から噂には聞いていたけど、絵のしょぼさで食指が伸びなかったんですが、なんだよこれすげえよ。主人公が1巻のうちに戦闘不能になって、おいおい、もう終わりかよ、なんて思ってたら全く予想できない展開に。

設定にはかなり無理があると思う。以下巨人の設定~

「107年前に突如出現した人間を捕食する存在。知能は低く、人を食べること以外の生態はわかっていない。体長は3m~15m程とされ、巨人から人類滅亡を防ぐために人類が作った50mの壁を超えることは不可能と思われていたが、ある日、知性を兼ね備えて50mを超す巨体を有する超大型巨人が出現した。」

巨人の描写は正直かなりグロいし死体の描写も多いので、何となく、寄生獣やヒストリエを思い出します。

久々に展開が気になるマンガです。





1→よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村→よろしければクリックお願いします。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。